配偶者の保険

配偶者の保険ですが、例えば会社員の妻であれば年収が百万円以下あるいは未満というパート主婦であれば夫の健康保険の被保険者に該当する事になります。会社員等を対象としている健康保険ですが、被保険者は会社員その人であり、世帯は対象とならない事です。妻の場合、年間の収入が幾らかで傷病手当の支給に該当しないものの、保険料の負担が無い健康保険の被保険者となる事ができます。「所得」でなく、「収入」なのでこの点は知っておかなければなりません。

妻は、必要に応じて本人型の民間医療保険に加入をする事があります。会社員の妻である場合、健康保険の被保険者となって国民健康保険よりも手厚く保護されます。ただ、仕事外で負傷した場合においては傷病手当は対象外となるので、どうしても必要に応じて民間保険に加入した方が良いと考えるでしょう。

家族型の保険等ですが、保険料免除制度が無いと考えた方が良いかもしれませんし、保険会社のパンフレットを観察した上で加入をしなければなりません。保険料免除制度が無いと考える妻の場合、万が一のリスクに備えて本人型の保険に加入をすると考えるのは普通でしょう。配偶者の保険ですが、税法上の所得控除の対象となるかが問題となります。生命保険であれば対象となっており、負傷をした場合や疾病等によって保険金が出るタイプも含まれています。