子どもの保険

子供が加入する保険ですが、父親が会社員の子供であれば保険料負担は関係ありません。ただ、父親が自営者の場合であれば、国民健康保険の被保険者とされますし、当該社会保険は基本的には出生と同時に被保険者となるので注意しなければなりません。子供の保険としては、学資保険が該当するようです。この保険ですが、子供の教育資金を確保する事を目的としています。被保険者は父親とされており、保険料を納付していれば保険給付が出る事になっています。父親ないし保護者は、子供を良い学校に入学させたいと考えるようであり、学資保険はそういう人のための保険となっています。

学資保険は被保険者である父親が死亡又は交通事故に遭って「全盲となってしまった場合」、「四肢機能が消滅してしまった場合」、「脳機能に著しい障害が残って社会生活が、常時介護をしないといけなくなってしまった場合」となれば保険料負担はしなくても良いというのが特徴です。ただ、保険給付を受ける事になっている子供が負傷をした場合やインフルエンザ等の重病に罹患してしまった場合においても、保険給付は出る事になっています。

学資保険に加入をしたいという保護者がいる場合、その人は最初にこの保険の短所を知った方が良さそうです。短所としては、途中解約をするような場合は元本(保険料の事です)割れをするリスクが在る事、保障が多くなると元本割れをしてしまう事、学資保険は貯金としての機能も在りますが金利は期待できない事、医療や死亡における補償は無い事、となっています。

学資保険のメリットとしては、元本割れのリスクは一応は無いとされている事、貯金は自動的にできる事、普通預金と比較すると金利は良い事、強制的に貯蓄となるものの所得控除ができる事、子供が入学をした際に保険金が出たりする事、とされています。