保険相談窓口に聞いてみよう

社会保険だけでは満足が行く生活保障は期待できないと考える人は少なくないようであり、必要に応じて民間の保険商品に加入をする事が在ります。ただ、保険に入るかどうかを相談したいという人がいるとしたら、相談相手は第三者的な立場に在るファイナンシャルプランニングの専門家に相談をすると良いでしょう。第三者的な立場の専門家ですが、必要に応じてファイナンシャルプランニングに関する公的資格等を取得している人であると望ましいです。中立的な立場の人であれば、相談をしたいと希望する人としても心理的に安心する事になっています。

保険会社の窓口で相談をしても良いかもしれませんが、保険会社が提供する保険商品は「例として、がん保険の場合は、保険会社によっては定義ないし意味が違います」という事があり、相談をしに来ただけなのに保険商品の勧誘をされる事も在るでしょう。また、保険会社の社員でないものの、保険会社から委託を受けている勧誘員であっても第三者的な立場とは言い難いでしょう。

心理的に安心でき、保険加入によって手厚い保障が受けられる事が分かるという意味では、中立的な第三者に相談をするのが無難となっています。また、民間の保険商品に加入をし、万が一の場合に出る保険金ですが、被保険者が「他殺、あるいは事故死や病死」になった事が証明された場合に保険金が支給され、自殺をしてしまった場合は保険金は出ない事になっています。中立的な立場の専門家は、保険金が出ない場合を丁寧に説明してくれる事があり、相談をしたいという人はメモを取る姿勢を持って相談に臨むべきでしょう。